Advance to Kanto

関東進出

ビジョンストーリー

10年10倍を目指し企業を拡大していきますが何よりも優先させることは安全です。
わが社の安全とは、社員の心と体にゆとりがもてる状態と環境にすることです。
心とは平常心。体とは、ベストな状態を保たせることです。
この環境を持続させていく一環として、運行前、運行後に社員と面談をおこない、状況をヒアリングして心境を確認し、社員と向き合っています。

心と体を常に万全な状態に保つためにも法定労働時間、社内安全規約を遵守させてまいります。

安全を何よりも優先させ社会から必要とされる事業展開を真剣に考え実行し、2027年ホールディングス化し株式上場を目指します。

2019年
売上21億 営業所7拠点 車両140台

4月より株式会社原建サービスから株式会社ベクターロジスティクスへと社名変更。
社名の由来は、ベクトルとビクターを掛合させた造語でベクターに決定。
ベクトルとは、わが社のロゴマークである3本の矢印、その意味は先代から受継がれた「全国どこへでも商品をお届けする」をモットーに更に進化させ、社会・顧客に対してより安全輸送とよりタイムリーでより低価格輸送を実現させるために縦横無尽に輸送できる環境整備するために全国展開へと突き進んでまいります。
ビクターとは、勝者・勝利者という意味合いですが「わが社では最後まで責任を持ちやり遂げる」完遂力で全国展開を実現させ社会・顧客からの信頼を勝ち取る企業へと成長してまいります。
㈱ベクターロジスティクスのビジョンは「ハイスピードで物流革命を実現させていく」
その為に配送事業で一点突破する。
配送効率を上げるには拠点が要となってきます。

2020年
売上27億 営業所9拠点 車両185台

関西にも進出し関東・東海・関西での流通ルートを確保。
需要が多い関東、関西幹線輸送と各主要都市に立ち寄り商品を積み卸しできる環境を整えてまいります。
ドライバーにとっても現場の状況を担当者が把握していることと、車両トラブル・事故が発生した際、即座に対応できるため安心して働ける環境を整えてまいります。

2021年
売上35億 営業所12拠点 車両240台

コンプライアンスをより遵守できる環境を整えていくために関東・東海の中間地点である静岡に営業所を開設。
1日の労働時間内で仕事が完遂できるように関東から東海・東海から関東に輸送車両を静岡でドライバーを乗換え、時間内で目的地に輸送できる環境を整えてまいります。

2022年
売上45億 営業所15拠点 車両295台

2018年に定めた事業戦略を着実に実行していくことと、地場産業の効率をはかるために、神奈川・三重・兵庫にも営業所を出店し、よりタイムリーに輸送できる環境を整えていきます。
この年に、自動運転車両をメーカーが商用化。

2023年
売上58億 営業所20拠点 車両350台

いよいよ高速道路では自動運転が実用化され始め、かねてからタイアップしてきた事業戦略を活かし高速走行は手動運転から自動運転へと思いっきり舵をきる。
拠点展開を繰り広げてきたため、東京・名古屋・大阪間での高速道路幹線輸送はすべて自動運転(ドライバー添乗)目的地ICから目的地までは手動運転により商品をお届けに上がります。

2024年
売上75億 営業所25拠点 車両410台

高速道路での有人隊列自動走行の実績を積み続ける。
行政では自動運転専用駐車場「コネクトゲート」を主要都市3箇所に着工中。
関東圏・中部圏・関西圏を拡充してまいります。

2025年
売上97億 営業所30拠点 車両470台

この年、いよいよ「コネクトゲート」が開設。
先ずは、東京-名古屋間の隊列自動走行(先頭車両のみ有人・後続車両は無人)が初めてスタートする。
東京-名古屋間での幹線輸送に置いては、わが社も隊列走行を実施してまいります。

2026年
売上126億 営業所35拠点 車両535台

ネット販売需要が増加傾向にあり、それを支える物流関連の需要は高い成長率が見込まれています。
自動化が進行しつつあるが、自動化すると非効率になってしまう業務において、自動化と手動化を融合させた新事業を展開。

2027年
売上163億 営業所40拠点 車両600台

株式会社ベクターは7つの会社をグループ化しベクターホールディングスを設立。
株式上場を目指してまいります。
ビジョンである「ハイスピードで物流革命を実現させていく」を合言葉に、保管から配送まで、極限までオートメーション化した一括請負型がパッケージ化。
安全を何よりも優先させ、取り組み実用してきたお陰で、ラストワンマイルまで確実にお届けできる独自のモデルが市場より信頼性と高評価を得て上場を果たします。
「夢は正夢」必ず実現させていきます。

ビジョンストーリーを成しえていくうえで懸念される最重要事項は採用の問題です。
将来的にはフットサル屋内練習場を完備しサッカー好きの求人者を集うことと会社としても
全面的にバックアップをして、フットサルチーム「ベクロジFC」を結成し東海リーグを目指す。
そのために、専任の監督を雇用する事と仕事と練習を分業できる業務を提供し、練習や試合にも率先して取り組める環境を整えていく。
福利厚生の一環としてユニホームの提供、遠征練習等々の諸費用に関しても年間通じて
予算を決め支援する。
本社に限らず、関東、関西にも屋内練習場を完備しサッカー好きの求人者を募っていき
プロからも一躍置かれるサッカー選手集団を募っていきます。
スポーツを通じてチームワークを大切にしていく事と体力造りマネジメント力を磨き上げ
2028年にはドライバー800人体制を目指していきます。

Project Credo

クレドプロジェクト

クレドとは、「信条」を意味するラテン語で、「企業の信条や行動指針を簡潔に記したもの」を意味します。

目的

理念、ビジョン、経営方針に沿った行動を全メンバーが主体的に取れる状態になること。

私たちの約束

チーム共通
全社で高める安全品質
1.私たちは、確実な配送を実現し、お客様のご要望にお応えし続けるために、基盤となる
「安全」を何よりも優先します。
2.私たちは、一人では成り立たない仕事をしていることを理解し
「チームワーク」に欠かせない規則・規律を厳守します。
3.私たち一人一人が会社の顔である自覚を持ち、
誰に見られても恥ずかしくない身だしなみとマナーを守ります。

成長戦略

会社案内
お問い合わせ
お問い合わせ
お見積り無料
フリーダイヤル:0120-125-483
ご相談・お見積り等お気軽にご連絡ください!